新築・改修・防水工事(下地処理・塗装・補強)

実績紹介

WORKS

川崎市宮前区にあるマンションのバルコニー床の防水工事

防水工事 2020年07月29日
バルコニー床を防水しました。
バルコニーの床、工事前の状況です。
工事前に汚れを洗浄します。
経年の土埃、雨汚れなどを洗い流します。
バルコニーを防水する前に下地調整をします。(巾木)
バルコニーの防水をする前に下地調整をします(床面)
下地調整が終わりました。
防水材を塗る前に、防水材料の密着性を良くするためプライマーを塗ります。
バルコニーの側溝・巾木・床面全体にプライマーを塗ります。
プライマーを塗ったところへウレタン防水を塗っていきます。(側溝・巾木)
側溝・巾木・ベランダ床にウレタン防水を塗っていきます。
側溝・巾木に2回目のウレタン防水を塗ります。
床面にも2回目のウレタン防水を塗ります。
ウレタン防水を塗ったところへトップコート材(防水保護塗料)を塗ります。
トップコート(防水保護塗料)も側溝・巾木・床面へ塗ります。
床面全体にトップコートを塗りました。
トップコート(防水保護塗料)を塗ってバルコニー工事が完了しました。
※防水の際は、バルコニーの洗濯物を控えて頂きます。また、出入りができなくなりますのでご協力のほどお願い致します。