新築・改修・防水工事(下地処理・塗装・補強)

実績紹介

WORKS

横浜市港北区にあるマンションの防水工事(鉄骨造:その2)

防水工事 2020年09月25日

こちらの建物では、1階の天井と柱の巾木から雨漏りがありました。

工事前に、危険部位ごとに雨養生して雨漏りの状況を確認しました。

足場を組まず目視で見積もりを作成しました。現状を把握し雨漏りが再度発生しない内容を提案しましたが、見積もりの範囲で工事ができて安心しました。

また、足場を組む前に見積もり以外の箇所で、雨漏りのきっかけになる可能性がある箇所が見つかった場合は相談させて頂くことをお伝えしました。

足場を組んでからは、見積もりの内容で雨漏りが止まりました。

鉄骨造の建物は、1階の雨漏りが2階とは限らないので、いつも以上にご提案内容は考えております。

外壁のタイル洗浄後、タイル・目地の乾燥を待って後日、外壁タイルの防水工事に入ります。
後日、外壁塗膜防水材を塗っていきます。(下塗り:シーラー塗り)
下塗り(シーラー)を塗りました。(材料メーカーによりますが、乾燥時間を待って材料の乾かします。
乾燥時間(材料の乾燥)後、中塗り×1回目(コート材)を塗っていきます。
中塗り材(1回目:コート材)を塗りました。
後日、中塗り(2回目:コート材)を塗っていきます。
中塗り(2回目:コート材)を塗りました。
上塗り(1回目:トップコート)塗っていきます。
上塗り(1回目:トップコート)塗りました。
上塗り(2回目:トップコート)を塗っていきます。
上塗り(2回目:トップコート)を塗りました。
養生を撤去して、外壁タイルの防水工事が完了しました。(外壁塗膜防水材)