新築・改修・防水工事(下地処理・塗装・補強)

実績紹介

WORKS

川崎市多摩区にあるマンション屋上防水工事(その2)

防水工事 2020年05月21日

※10年前に

防水工事実施

屋上防水シートの端末にアングル金物を設置して、
シートを固定し、上の隙間へシーリング材を充填します。
雨で水切りから伝ってくる雨水の侵入を防水します。
このようにアングルを防水シートの端末へ設置していきます。
前回工事から、年数が経過して漏水の可能性がある屋上へ防水シートを貼付け、防水性能を向上させていきます。
こちらの屋上では、もともとの防水シートへ被せて貼り付ける方法で防水しています。
(カバー工法)
新しい防水シートを貼り付ける前の状況です。
10年を目安に屋上の点検をおすすめします。
屋上の排水ドレンには、改修用ドレンを使用しています。
排水口にはジャバラが付いており、排水管からの漏水を防ぎます。
排水ドレンまわりは防水シートが劣化しやすいところです。
今回の工事以降で、排水ドレンまわりからの漏水を防ぐため防水シートを部分的に撤去します。
※立上り部は周囲ぐるっと撤去します。排水ドレン回りは他のところも撤去します。
各排水ドレンまわりの防水シートを撤去します。

こちらの排水ドレンまわりの防水シートも撤去します。

こちらも同じく排水ドレンまわりの防水シートを撤去します。

その3へ続く